熟年離婚

パートナーの男性から、いつかは何とかなると聞かされながら、いつまでたっても何ともならない、見通しが全く立たないような状況があまりに長く続くと、女性はどうなっていくのでしょうか。そのような状況に長く置かれると、女性はより稼げる遺伝子を探そうとする女の本能が目を覚ましてしまうのです。女の頭の中に組み込まれた計算シミュレーターが音を立てて稼働し始めるのです。このような事態を男性があまり呑気に構えていると、いつか痛いしっぺ返しを食らうかもしれないですよね。その典型的なものが熟年離婚かもしれません。団塊の世代の大量定年が始まったころから熟年離婚が大量に増えているようです。
2007年4月からは離婚時の年金分割制度がスタートしたので、妻は離婚後に夫の年金を分割して受け取ることが可能になるのですね。これまでは経済的不安から離婚を控えてきた妻たちが一気に離婚に踏み切っているのかもしれません。経済的に生きていける見込みが立ったなら、もうリタイアした夫に用はないということなんでしょう。もらえるだけの年金を受け取って、後はやり残した自分の人生を生きようということなんでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>