別れ話を持ち出す女

女が別れ話を持ち出す際というのは色んな計算が働いていると言われますよね。別れを切り出したときには、女の頭の中ではもうすでに損得の収支決算がきっちりと出されているのかもしれません。計算した結果、このままでは損だという判断を下したから、別れるのですね。つき合うのも別れるのも計算ずくというわけです。そうやって書くと印象が悪いかもしれませんが、でも計算高いことは別に悪いことではないですよね。生きていくため、子供を育てていくためには、経済の基盤が安定していることが必要不可欠なわけですから。女はより安定した生活環境を築くために、より稼げる遺伝子を選ぼうとするわけです。その本能に従って自分の生活を見比べ、自分をとりまく男たちを見比べて計算しているということなのですから。昔よく言われた、三高とは、まさにその典型でしょう。背が高い、学歴が高い、収入が高いというのは、いずれも稼げる共通因子とも言われますから。背が高いのは、遠くが見えて獲物を見つけるのに便利だから。学歴が高いのは、現代は学歴の高いほうが、いい就職先を見つけられる可能性があると思われているから。女の脳は、妊娠、出産、子育ての期間は自分では稼げないという前提のもとに設定されているわけですからそれはまさに合理的といえるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>